くまこのライフスタイル通信~スピリチュアルは特別じゃない毎日の出来事が私へのメッセージだから~

私は今を生きている!大げさじゃなくってただただ単純なことの日々から感じるメッセージやライフスタイルをお届け

私の場合「早起きだからポジティブアクティブ」という考えは今はしてない

くまこが思う早起きというシグナル

毎日の体調のバロメーターは「毎朝のコーヒーの味」でバランスを取っているくまこです。

 www.official.hoshi-kumaco.com

 もう一つは眠りというか何時に起きるか?ということを気に留めています。6年前鬱になり仕事も一切できなくなった時の、今思い出せばサインがあったかなと思うことの一つで「早起き」という点があります。

朝活やFacebookが流行っていたあの頃

その頃はダンス教室もクラスが増えたり、ストレッチ教室もイベントやサークルなどの講師の依頼や、自分のサロンもオープンさせたり順風満帆の様な時でした。朝活という言葉もそのころ耳にしていたし、早起きして動ける自分が快調に思えていたのです。

 

6時前後に起きていたのがどんどん起きる時間が早くなっていきました。早く起きればその分一日の活動量も増えていき、私ってアクティブ!早起き最高!とさえ感じていたのです。早く起きて家族が起きる前に事務処理などの作業を片づけたり、とても効率的に感じました。

目覚まし時計がいらない自分に酔っていた

朝起きるのも目覚ましでは起きず、自然に目が覚めるのです。まぁなんて素敵なことなんでしょうと自画自賛。確かその頃はFacebookがとても流行っていて同じような感じで、朝早くから活動する人たちも多かったような。

 

私は仕事の約束の時間には結構早めに現場に着くようにしていました。これはダンスをしているときからの習慣で、早めに行って他のダンスクラスの人の踊りを見て勉強したりストレッチなどのウォームアップ、そして舞台の本番の時はストレッチに発声練習もするので楽屋入りも早めでしたね。

もはや朝じゃなくて夜中に起きているし

5時台に起きていたのが、どんどん早くなっていく!最高!から「あれ?」と思いだしたのは4時台3時台に置きだし、次は眠れないと変化していったのです。さすがに3時台は私の生活スタイルには早すぎました。寝る時間が早いのであればそういうサイクルで回るのでしょうが、子供もいたので寝る前の生活に変化はなくただただ起きる時間だけが早くなっていたのです。

 

そうなるとバランスが崩れ始めました。先ずは楽しい最高の仕事の支度が遅くなっていきました。あと5分まだ5分と少しずつズレていくのです。出かける支度をする時間が取れなくなって行きました。化粧もできなくなると、今思えばありえない・・・すっぴんでレッスン・・・と自分でも驚きますがその時はどうしようもなかったのです。

 

そして仕事の時間が近づくとドキドキし始めるのです。早起きして目は覚めるけど、ベットから抜け出られなくなっていきました。寝つきも悪くそして暗いうちに目が覚める。もう悪循環ですよね。どうしようもできないんですよ。動きたい動かなきゃと思うけど、動く力がわかないのです。

今は早起きになりすぎると自分を見つめなおす

そんな経験があるので、46才の現在早起きにも気を付けながら過ごしています。今では通院も服用もなくなりやっと軽い体になった気がします。ここまで来るのに時間はかかりましたし、心の病に完治ってないと思うから体のサインをとても大切に感じる様に過ごしています。

さいごに

よくうつ病になったら運動をしたほうがいいと言われたり読んだりしますが、運動系の仕事で鬱になったくまこは一切運動はしませんでした(笑)この話はまた今度。

f:id:kumacooraclereading:20190308123026j:plain

 

f:id:kumacooraclereading:20190307105509j:plain


f:id:kumacooraclereading:20190307105453j:plain