くまこのライフスタイル通信

~オラクルカードとメッセージは暮らしの中に~

みかづきとは新潟のソウルフードのイタリアンのお店イタリア料理ではないですよ

小さい頃から変わらない味ソウルフード

くまこは東京にも普通に【イタリアン】が売っていると思っていたあの頃。あの頃とは、えー私が18歳の頃です。え!無いの?イタリアン無いの?衝撃でしたよ。だってソウルフードよ。昔ながら慣れ親しんだ食べ物よ。

 

とは言えイタリアンと言ってもイタリア料理ではなく、うどんの様な焼きそばの様な、モヤシ入りのミートソースのかかった食べ物です。

 

と私のソウルフード「イタリアン」を説明しましたが、こんな風にイタリアンを思ったことはなく、珍しい新潟のソウルフードとして説明される時にこの様に言われているのです。

 

私にとってはうどんとか焼きそばとか、モヤシが入っていることすら当たり前だと思っていましたしイタリアンはイタリアンで説明もいらない食べ物なんです!だってソウルフードですから。

 新潟でも場所によって味が違う

そのイタリアンですが、新潟の中でも売られているお店が何店かありまして、しばしば新潟県民の中でもどっち派か語り合ったりします。

実態は、名前から想像されるスパゲティの類や、具にもやしキャベツを用いた焼きそば焼きうどんの類ではなく「洋風ソースかけ焼きそば」と表現すべきものである。

原材料は焼きそば同様に蒸した中華麺である。太めの中華麺とキャベツ、もやし等を多めの食用油で炒め、ソースなどで味付けを施す。このソース焼きそばに様々な具材が入ったトマトソースを上掛けしたものがイタリアンである。塩気は比較的控えめで、トマトソースの甘味と酸味が前面に出た味わいとなっている。上掛けするソースはトマトソースの他、カレーソース、ホワイトソース、エビチリ、麻婆豆腐などがあり、更にハンバーグオムレツチーズ、鶏の唐揚げ餃子等をトッピングしたものなど、種類が多い。

新潟県民の中でも、とりわけ新潟市を中心とする下越地方と、長岡市を中心とする中越地方の在住者の間では長年にわたって浸透しており、中には県外に出て初めて「新潟だけの食べ物」と気付く者もいる程である[1]

その何店かあるという事実を、東京から新潟に帰ってきた29歳までくまこは知りませんでした。くまこはイタリアンと言ったら【みかづきみかづきと言ったらイタリアンと思っていたからです。他のお店がイタリアンを売っていた事にこれまた衝撃でした。

サラダ記念日的に言ってみた

さてさて今日子供がイタリアンを食べたいと言いまして食べに行ったわけです。ソウルフード過ぎて今まで特別感もなく、イタリアンを写真に撮ったこともなかったのでスマホではなく、張り切ってカメラで撮ってきました(笑)

 

今日はイタリアンのカメラ記念日です プププ。

 

新潟に来た時は是非すごい期待はせず、暖かい気持ちでイタリアンを食べてみてください。期待はせずと言うのは、イタリア料理の様な気持ちで食べると

え・・・と思うかもしれないし

新潟らしいと思って食べてもえ・・・

となります。そして「ふーん」的な反応をされると落ち込みます(笑)ソウルフードですから、母の味を微妙と言われた気分になるのです。初めての人にイタリアンを紹介した時、凄く反応が気になるのです。はい、ソウルフードなので。ですから是非是非暖かい気持ちで食べて下さい。

https://www.instagram.com/p/BvECLRagEyp/

 

 

新潟ソウルフードイタリアンみかづきイタリアンですがうどんの様な焼きそばの様なもやし入りのミートソース#新潟#niigata#followme#japan#instaphoto#instagood♯イタリアン